カフェインを避けて、ミルクで快眠!食べ物に気をつけて深い睡眠を!


刺激の強いカフェイン入り飲料は寝る3時間前までに飲む

カフェインで眠りが不足したら、インティスクエアでスッキリ目覚めを。

カフェインを避けて快眠


カフェインを避けて快眠!睡眠に悪い食べ物。

コーヒーや緑茶に含まれる、カフェインは、脳を興奮させる刺激物質で、覚醒作用があります。

仕事の合間に飲むなら、眠気を吹き飛ばし、思考力を高め、疲労感を軽減してくれますが、寝る前に飲むと眠れなくなります。

寝る1時間前の刺激は避けましょう。


人は起きて活動していると、睡眠物質「アデノシン」が増え続けます。

そしてある一定の量に達すると強い眠気に襲われます。

カフェインはこのアデノシンを感知するアデノシン受容体のはたらきをブロックします。


つまり、カフェインで眠気がおさまるのは眠気を消すのではなく、遅らせているから。カフェイン入りのものを飲むなら、就寝3時間前までにしましょう。

カフェインをできるだけやめて、ミルクを飲むとぐっすり眠れます。

睡眠に良い食べ物、悪い食べ物をしっかり見極めましょう!


インティスクエアで快適な目覚めを得るには、ぐっすり深い睡眠をすることが大事です。

眠る前のカフェインはできるだけ避けるように心がけましょう!




宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P14より引用



カフェインを避けて、ミルクで快眠!睡眠に良い食べ物。

ホットミルクは本当に眠気を誘うの?

ぐっすり眠ったらインティスクエアで快適な目覚めを。


「寝る1時間前のリラックスタイムは眠気を誘うドリンクが最適」

寝る前のリラックスタイムには、何を飲めばいいのでしょう。

メラトニンの原料を補給できる牛乳は、安眠効果があることでも知られています。

豊富に含まれているカルシウムは、イライラを防止し、夜、寝る前にリラックス感をもたらします。

またビタミンB群もいくらか含まれており、それが疲労回復のホルモンを

効率よく生産してくれるので、朝起きたときの目覚めが素晴らしく快適になります!



飲み方は「ホットミルク」がオススメ!

欧米では眠れない夜にはホットミルクを飲むという習慣があるほどです。

温かい牛乳が胃の中に入ると、体温の変化が生じ、自然と眠くなってきます。

コーヒーを混ぜるとカフェインが入るのでいけません。



ほかにも、寝る前に最適なのはカフェインを含まない「ハーブティー」。

香りがリラックス効果を高めます。

さらに冷え性の方には「生姜湯」もオススメ。

体を温め、気持ちを落ち着かせる作用があり、寝つきをよくする効果もあるのです。


インティスクエアと牛乳。

意外な組み合わせですが、うまく活用して毎日快適な目覚めをどうぞ!

カフェインを避けて、ミルクで快眠!睡眠に良い食べ物、悪い食べ物をしっかりチョイスしましょう!

くどいようですが、カフェインはNGです。



宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P14より引用



インティスクエアとホット豆乳で熟睡を。

妊娠中につわりがひどく眠れず、薬に頼るわけにもいかなかったので、色々試しました。

体を温めたり、ツボ押ししたり、アロマをしてみましたが、どれも効果はイマイチでした。

ホットミルクを飲み続けていましたが、これも効果がなく、「どうせなら好きな豆乳を温めて飲もう」と飲み始めたのがきっかけです。

ホット豆乳を飲んで寝ると、寝つきが少しよくなった気がしました。

しばらく飲み続けて、眠れるようになり、気になって調べてみました。

豆乳には、人の「生体リズムに作用するセロトニン」の材料になる成分、トリプトファンが含まれているらしいです。

体内時計を整えるセロトニンの素になるので、自然と入眠しやすくなったのかもしれません。

そしてもう一つは、眠れない私が唯一眠くなる場所である、産婦人科の待合室のBGMをかけることです。

薄暗いなかで、オルゴールのBGMを聞くと不思議とぐっすり深く眠れました。これにアイマスクをすると、更にスーっと眠れました。

アイマスクは普通の布製でもいいですが、冬場はあずきの成分でできた目が温かくなるアイマスクがお勧めです。

目元が温まるだけで違いますよ。

インティスクエアで朝の目覚めも違いを実感しましょう。





グリシンでグッスリ眠って、インティスクエアで素敵な目覚めを。

不眠に悩んでいる人に、就寝30分前に3グラムのグリシンを摂取してもらい、翌朝や日中の状態を調べた研究があります。

いつもなら、頭がスッキリしないや、寝ても疲れがとれない、熟睡感がない、やる気がでない、などといっていた被験者ですが、朝はスッキリと起きることができ、日中の作業効率も良くなったことがわかりました。

睡眠中の脳波を見てみると、寝付くとすぐに深い睡眠に入り、眠りのパターンはとても自然なものに近づくという結果が出ました。

この効果から、グリシンが脳の体内時計に作用し、睡眠のリズムをうまく調整しているのではいかと考えられます。

ギャバは、脳や脊髄に多く存在する、神経伝達物質として重要なアミノ酪酸のことをいいます。


セロトニンは興奮を高める働きがありますが、このギャバには、興奮を抑えてリラックスさせる作用があるのです。

医師が処方する睡眠薬の多くでは、脳の中でギャバの作用を強め、眠らせようとするものが多いのです。


睡眠以外の効果としては、自律神経の障害による不安やイライラを緩和し、アルツハイマー型認知症の予防や改善から軽症高血圧患者での血圧低下、腎臓や肝臓の機能改善、肥満の防止なども報告されています。


ギャバは、玄米や胚芽米、アワ・キビ・ヒエ・大麦などの穀物、漬物、小魚、トマト、スプラウト(発芽野菜)、ココア、チョコレートに多く含まれているといわれています。

また、最近では、ギャバの量を増やして特定保健用食品とした、チョコレートや緑茶なども手軽に手に入るようになりました。

ギャバでグッスリ眠ってインティスクエアで素敵な目覚めをどうぞ!




GABAのサプリメント


私は、寝つきが大変悪いほうで、睡眠薬は医師からの処方でずっと服用し続けてきました。

服用している薬剤は、短時間型です。

すぐに効くけれども、効果は3〜4時間程度。

しかし、私の場合、一度寝付けば朝6時ごろまではあまり目を覚まさずに寝続けることができます。

問題は、寝つきの悪さです。

布団に入ってから、1時間以上も眠ることができずに右へ左へ体勢をごろごろと変えながら、何もできずにいる状態が多いのです・・睡眠薬が入っているのにもかかわらず。

それにはずっと手を焼いてきました。

しかし、海外のサプリメントで、GABAのサプリメントというものを見つけました。

GABAというのは、「ガンマ-アミノ酪酸」という神経を抑制のほうへ働かせる効果のある物質らしく(抗不安薬や睡眠薬にも関わる物質らしいですが、詳しくは知りません)、印象としてはメンタルヘルスで処方される薬剤よりもナチュラル(すぐには効果が分からない、睡眠薬はすぐに鎮静の効果がありますが、そういう感じではない)な効きで、あまり依存性はないのではないかと思います。

そして、それを服用していて「効果があるのでは?」と感じるのは、毎日の寝つきが良くなったことです。(睡眠薬も服用しておりますが)夕食後のGABAサプリ服用、そして12時過ぎに布団に入って40分前後で寝付くことができるようになりました・・


インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者