夜型を朝型に変えたいときは、まず早起き!


夜型を朝方に変えて不眠症改善


目覚めた時の気分。快適な朝の目覚めを


朝、気持ちよくスッキリ目覚められれば、快眠できている証拠です。

逆に、気持ちがふさぎ込んだり、やる気がわかないことが続く場合は要注意。

症状がひどい人はうつ病の可能性もありますから、早めに医療機関で相談してみましょう。

それほどでない場合は、不眠型かもしれません。

熟睡できるように工夫してみましょう。



睡眠時刻と起床時刻を悉皆見極め、快適な朝の目覚め


次に、睡眠時刻と起床時刻を見てみましょう。

早寝早起きの人を朝型、宵っ張りの朝寝坊を夜型といいます。

ビジネス界では「夜更かしの人間に成功者はいない」とまでいわれていますから、これを機会に夜型の人は朝型人間に変わってはいかがでしょうか。


また、夜、起床についてから実際に眠りに落ちるまでの時間や、朝、目が覚めてから布団を出て起きるまでの時間はどのくらいですか?

布団の中でゴロゴログダグダしているのも気持ちいいのですが、人生の時間は限られています。

活動的な時間を過ごして人生を充実させたいなら、生活を改善してみましょう。

音楽を利用した快眠方法もその一つです。

インティスクエアなら快適な目覚めを実現できます!

インティスクエアでスッキリ目覚めて快適な1日を!



青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著 より引用





インティスクエアで朝方体質を。

音楽を利用した快眠方法。

快適な朝の目覚めを得るためには朝方に。

朝型の人は、朝や日中に仕事の能率が上がり、規則正しい生活を得意としています。

一方、夜型人間は、午後から夜にかけて調子が良くなり、不規則な生活にも耐える力を秘めています。

それぞれの特徴を生かすと、より良い睡眠が得られ、健康的で充実した人生を送れるでしょう。


とはいえ、仕事や学業の都合などで、夜型を朝型に、あるいは朝型を夜型に変える必要が生じることもあります。


そのときには、気合や根性よりも、工夫と少しの時間が重要です。

夜型を朝型に変えたいときには、早寝から取り組まず、15〜30分ずつ早起きすることです。

いつも寝床につく時刻の1〜2時間前は、眠気が少ない時間帯なので、「睡眠禁止帯」ともいわれています。

頑張って早寝しようとしても難しいのは、この時間帯に布団に入ってしまうからです。


眠りに入ることは自分でコントロールしにくいものですが、目を覚ますことは強い意志さえあれば必ずできます。

そして目が覚めたら、強い光を浴びましょう。

光は、体内時計を調節する最強の因子です。

目覚まし時計が鳴ったら、リモコン・スイッチですぐに部屋の明かりをつけます。

「ヨシッ!」と声を出したら一気に布団を出て、カーテンを開けて太陽の光を浴びます。

できれば、外を30分ほど散歩しましょう。


それでも早起きがうまくいかないときは、睡眠の環境を工夫したり、音楽を利用した快眠方法を試みてください。

インティスクエアで目覚めるのも一つの手です。

朝型人間が夜型に変わるためにも、光の調節も大事です。

朝の光を防ぐための遮光カーテンに変えたり、起きてから強い光を見ないようにするために、サングラスを掛けたりします。

また、眠り前に強い光を浴びると、深部体温や睡眠リズムが後ろへずれるので、専用の高照度光療法装置を2時間ほど使います。

遅い時間にコンビニなどの明るい場所にしばらくいるだけでも、夜型に変わりやすくなります。


朝型と夜型は固定されたものではなく、多くの場合、本人の意思次第で変わることができます。

自分の現在、あるいは将来の社会生活のパターンに合わせて、どちらが良いか考えて、少しずつ変えていきましょう。

インティスクエアで眠りもスムーズに。


↓快適な目覚めの補助としてインティスクエアもオススメです!↓








スッキリ目覚めで1日快適!快適に朝目覚めるための朝方体質。


朝にスッキリとした目覚めができれば、それはたとえ短い時間でも良質な睡眠がとれたと満足ができることでしょう。

一方では、いくら長い時間寝床についていても、すぐに目が覚めてしまう浅い睡眠が続くようなら、寝起きも悪く、その日1日気分も晴れませんね。

毎日のように、朝一番から憂うつ状態では、うつ病を発症する引き金にもなりかねますね。

1日をスッキリと過ごせる心地よい目覚めを得られるように、睡眠の環境や生活の習慣の見直しも行ってみましょう。


眠気ろいうのは、生体のリズムと寝不足の量で決まってくるようです。

人間の生体のリズムには3つあります。

それぞれの周期には約1日の(サーカディアンリズム)、約半日の(サーカセミディアンリズム)、1時間半の(ウルトラサーカディアンリズム)に分類されています。

このサーカディアンリズムとサーカセミディアンリズムには個人差があまりないようです。

最後のウルトラサーディアンリズムが人によったり、体調などでも1〜2時間の幅があるとされています。


ウルトラサーカディアンリズムのよって睡眠の深さは決まってくるのです。

睡眠の理想は寝付いてからすぐに深い眠りになり、そしてまた浅くなるのが約1時間半です。

ちょうど眠りが浅くなったときに目覚められると、気分よく起きることができるのです。

自分のウルトラサーカディアンリズムを知ることで、睡眠の質が向上します。

自分のウルトラサーカディアンリズムというのは意外と簡単にわかります。

そのためには、まず睡眠日誌を1週間つけてみましょう。

この一週間の平均睡眠時間を求め、まず、1・5時間で割ってみる。

おおよそで割り切れるので、そこが、あなたのウルトラサーカディアンリズムは1・5時間になるのです。

割り切れないなら、1〜2時間の間で、キレのいい割り切れる時間を見つけることです。

たったこれだけのこと。

ぐっすり眠りスッキリ目覚めの第一歩になりますよ。

快適な朝の目覚めには、インティスクエアを使うと更に良いです。

朝の目覚めを快適に!


青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P97〜99 より引用



インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者