不眠の原因はメンタルや気持ちの持ち方。ストレスも原因。


ストレスとメンタルケアを考慮して、快眠を

不眠の原因はメンタルや気持ちの持ち方。ストレスも原因。

はじめ不眠になった頃は、まさか自分が不眠症だとは思ってもみなかったです。

そもそもメンタル系の病気になるとは否定していたからです。

しかしそれが何週間、何ヶ月と続くと、さすがにまずいと思いはじめ、評判の近所の内科クリニックに行きました。

軽い服薬で劇的に改善しました。

たぶんその先生を信頼できたのでプラシーボ効果もあったと思います。

直ったと思っても、半年、一年とたつと、時々眠れなくなります。

薬は、よく考えると、翌日がひどくだるいので、半分に割って飲んだりし、そのうち不眠とのつきあい方も慣れていて、途中覚醒したら、慌てずに、苦手な勉強系の本を読むといつの間にか眠りにつけることもあります。

先延ばししていた事務処理をすると、処理が済んですっきりしてその安心感で眠れたのではないかとおもいます。

熟睡できず眠くて昼に寝るのも良いですが、だらだらし過ぎると、運動不足でまた夜に眠れなくなります。

体を打ちたたいてちょっとでも外に出ると、血液の循環が良くなって体調も改善し、動いたぶん疲れて眠れます。

薬はよほどじゃないと飲まないですんでいます。

ストレス回避で不眠の原因を削除!

メンタルや気持ちの持ち方、ストレスの改善は重要です。

インティスクエアで快適な目覚めをゲットして、快眠&不眠症改善を。



○不安すぎて眠れなくなりました。

私の通っている大学では講義の時間や課題の提出時間が朝早くに設定されることが多いのですが、朝が苦手な私には少々ストレスの原因となっておりました。

ある時絶対に出席しなければならない講義があり、朝早く目覚めるため22時には就床したのですが、どうにも寝付けず、そのまま一睡もせずに講義に出席しました。

それ以来どう頑張っても時間を守らなければならない用事があるごとに一睡もしない日が増えていき、最終的には何もない平日に22時に無理やり就寝しても2時に目覚めてしまい、結局寝付けないような日々が続いております。

単純に不眠症状があるだけならばいいのですが、逆に休日は20時間くらい寝てしまうようになってしまいました。

不眠と過眠、この繰り返しで体調が良ければ問題はないのでしょうが、眠れない不安と寝すぎてしまう不安、隈などの目に見える身体的不調も現れてきて人前に出るのも億劫になってきました。

このままではいけないと思い、就寝前にストレッチを行ったり、お香を焚いてリラックスするようにしてはいるのですが、なかなか不眠はなおりません。

過眠の方はというと休日に絶対にすることを一つ決めてから寝るようにし、起きている時間を少しづつ伸ばして調整できているような感じです。

不眠と過眠に戦う毎日が早く終わりますように。

不眠の原因はメンタルや気持ちの持ち方。ストレスが原因になります。

仕事でメンタルや気持ちの持ち方を整えるのは難しいですが、少しでもストレス回避を。



○私が不眠症になった原因

こちらもストレスが原因の不眠症ですね。

私は、26歳の時、旅館業で中間管理職として、部下の管理、売り上げの管理に忙しい毎日を送っていました。

1日が24時間でなく25〜30時間あれば良いのにと思っていました。

何とか、仕事に使える時間を増やせないかと思っていた時に、書店で短時間の睡眠で健康になると言う内容の本にであいました。

睡眠時間を削れば、そのぶん仕事に使える時間が多くなり、1日に処理出来る仕事量が増えると思ったので、早速実践しました。

まず、コーヒーでカフェインを多くとるようにしました。

しかし、コーヒーのカフェイン量では眠気に勝てませんでした。

そしてとうとう、最後には、カフェインを錠剤でとるようになりました。

効果は、てきめんで眠気は消え、夜3時でも眠気が来なくなりました。

仕事に使える時間が増えたので、処理出来る量が増えると思いました。

しかし、実際は、1時間当たりに処理出来る仕事量が減り、効率が落ちました。

さらに、過労による血尿や肝機能が悪くなり、いつも疲労が抜けない状態になりました。

さらに、うつ病を発症し、仕事を失いました。

現在は、不眠症は、少しは改善しましたが、うつ病は、継続しています。

私の経験から、どんなに忙しい日々を送っていても睡眠時間を減らすのは、万病のもと、リスクが大きいので避けるべきです。

不眠の原因は、メンタルや気持ちの持ち方、ストレスがほとんどの原因です。

ストレスが原因で不眠症からウツに移行するケースは多いですので、気をつけましょう!



○不眠症との向き合い方

私は、26歳の時に仕事の効率をあげようと、カフェイン剤に頼って睡眠時間を削り不眠症になりました。

不眠症になったときは、正直言うと今まで自分がどうやって眠りについていたのかがわからなくなっていました。

目を閉じて寝ようとするけど、眠れない日々が続きました。

イライラが募りました。

それは、眠れないこと、疲れがとれないことに対するイライラです。

睡眠導入剤を使いました。

そうすると少しは眠れるのですが、30分で目が覚める。

睡眠導入剤が体に合わなかったため、だるさ、下痢、嘔吐、頭痛に苦しみました。

そこで、私は、発想を切り替えました。

眠れなくても疲労を回復する方法を探そうと思いました。

じっさいに眠れなくても、目を閉じるだけで疲労が 回復すると言う事を述べている本を読みました。

生活の中で目を閉じる時間を多くしようと心がけました。

仕事の合間でも、パソコンの画面を二時間以上連続で見ない。

もし、パソコンを使う仕事を1日中する場合には、5分間目を閉じる時間を作りました。

そうすると、疲れは、改善しました。

夜も無理に寝ようとはせず、目を閉じ心を休めました。

そうすると、驚くほど疲れがとれます。

私は、その後結局仕事が合わず退職をする事になりした。

しかし、不眠症のときは、無理して眠ろうとせず、目を閉じる事を心がけると良いことがわかりました。

不眠の対策にはメンタルケアやストレスの排除が大事です。



○睡眠障害、不眠症で本気で悩んでいます。

自分は物心ついた頃から知らないうちに夜更かしが染み付いてしまっており、社会人になってからも初めのうちは緊張感で浅い睡眠のまま恐怖で朝起きると行ったことが常習化していました。

仕事も働き出して3ヶ月程経った頃から疲れと慣れとで朝もちょこちょこ起きれなくなり、遅刻も多くなり怒られてはその都度、緊張感のある睡眠をするといったサイクルの繰り返しです。

夜早く寝ようと思っても、全く寝付けずスマホやタブレットを見ては目を覚まし、もう寝むくなるまで起きていようと思い仕事をしていると朝を迎えるといった悪循環の繰り返しでした。

それは今も少し名残はありますが、今は結婚をし嫁と子供に朝起こしてもらうようになってからはそこまで酷くはなくなりましたが、少し気をぬくと以前のようなどうにもならない睡眠のサイクルになってしまいます。

色々睡眠について調べたり、様々な目覚まし時計を試して見たりしましたが如何にもこうにも革新的な解決策は見いだせません。

最近は嫁に言われ病院の睡眠外来というものを見つけ通って、日々の睡眠を記録しながら過ごしています。

皆さんも自分と同じような症状の方はいらっしゃるのでしょうか。

睡眠ははたから見れば気持ちの問題とないがしろにされがちですが、睡眠は拗らすと仕事や人生を棒にふってしまう危険があります。

皆さんも甘く考えずに気をつけて下さい。

メンタルケアやストレスの排除で不眠症を改善!



○私の不眠症体験談

私は以前、不眠症で悩んでいました。

きっかけは仕事でした。

仕事がかなり忙しくなってきて、帰る時間が遅くなり、家に着くのがいつも深夜という状況でした。

そんなとき、家に帰ったらなるべく早く寝ないといけないのですが、お風呂に入ってご飯を食べると、どうしても自分の時間ということで、好きなことをしたくなってしまいます。

私はドラマや映画を観ることが好きで、ついつい観てしまうのです。

すると終わるのが深夜1〜2時ころになるのですが、それから寝ようと思うとなかなか眠れません。

恐らく自分の好きなことをした後なので興奮状態にあり、なかなか寝付くことができないのだと思います。

布団に入ってからも今観たドラマや映画のことを思い出し、興奮して目が冴えてくるのです。

そしてもう朝が近付いてきたとき、ようやく眠りに着くことができます。

そんな生活を続けていたので当然体調を崩すようになり、これではいけないと生活を改めるようになりました。

具体的には生活のリズムです。

仕事をなるべく早く終わらせるように心がけ、好きなことも我慢し、生活のリズムを良くした結果、ようやく不眠症を解決することができました。

不眠症を改善するにはメンタルケア!

ストレスを取り除き、気持ちの持ち方を改善するだけである程度不眠症は改善できます。




○仕事のストレスであまりよく眠れなくなりました

10年近く勤務していた頃、私が退職をする3年程前から仕事が少しハードになっていき、疲れから体調不良を起こすこともしばしばでした。

私が辞めることになった1年ほど前から忙しさが増し、責任も重い立場になったこともありストレスもひどくなっていきました。

体調不良で体が休みたい信号を出していたにもかかわらず無視し続けていると、気が付いたら発熱やぎっくり腰などの分かりやすい症状が出なくなってきました。

でも体の疲れは以前にもましてひどくすぐさま寝ころんで眠りたい程で、朝から退社までずっと眠いという状態になっていました。

移動中のバスや電車などでは知らないうちに瞼が落ちてきているのに、家に帰っていざ布団に入るとしっかり目がさえてしまい、1時間以上は眠れません。

そしてぐっすり眠り過ぎたと焦って飛び起きて時計を見ると、まだ眠ってから2時間も経っていませんでした。

そこからまた眠れるのですが、目覚ましの1時間前にはぱっちりと目が覚めてしまい、せめて眠らなくてもと思い目をつむって目覚ましが鳴るのを待ちました。

悪夢にうなされることも多くなり、ぐっすり眠れることが減っていきました。

目が覚めても体が重く、だるく、体のあちこちが凝っているような感じで、頭はボーっとしていました。

とにかく毎日朝から眠く、仕事中でも一瞬で意識が飛んで眠ってしまうこともよくありました。

退職する半年前かがピークになり、唯一休日である日曜日はリラックスして眠れるのですが、異常な眠気で一日中寝ているような状態でした。

結局仕事が忙しい上に病院へ行くために休みを取っても、あまりに眠くだるいために病院へ行くこともできないままでしたが、ネットで不眠について検索をしてさっと目を通しただけでしたが、受診した方が良いレベルだという事は、なんとなくわかっていました。

しかし不眠の原因は自分の中ではっきりしていましたし、通院してまでその仕事を続けたいとは思えなかったので退職を決意しました。

退職してしばらく経ちましたが、眠っている間に目が覚めることもほとんどなくなりましたし、目覚ましが鳴る前に目が覚めるという事もなくなりました。

不眠症を改善するにはメンタルケアが重要です。

ストレスをしっかり除去して、気持ちの持ち方を変えるだけでも不眠症は改善できます。





インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者