快眠ハーブ「西洋オトギリソウ」  インティにハーブを加え



インティスクエアと目覚まし時計とオトギリソウで快眠を。


うつ病や自律神経のバランスも改善してくれる快眠ハーブ「西洋オトギリソウ

「西洋オトギリソウ」は、別名「セント・ジョーンズ・ワート」といい、古代ローマ時代から精神安定、消炎、抗うつ薬として珍重されてきた薬草です。

現代でも、研究の盛んなドイツでは、うつ状態の患者には、まずこの成分が入った薬を処方するほどポピュラーな医薬品なのです。

アメリカでは1996年に研究が発表されて以降、よく知られるようになり、既存の抗うつ薬にかわるサプリメントとしてブームになったほどなのです。

もんろん、ストレスに囲まれ、不眠症に悩む私たち日本人にも有用な働きがたくさんあり、日本でもアロマテラピーやハーブティー、あるいはサプリメントを利用する人が増えています。

作用としては、まず、原因不明のイライラや不安感を軽減し、こころ穏やかにするほか、体内時計をコントロールするメラトニンの分泌を刺激し、自律神経を整えます。

それによって、睡眠のリズムの乱れや、それを付随するうつ状態の改善を助けます。

不眠に悩む人は、床についてから、いろいろなことが頭をよぎり、そのために眠れなくなってしまう人が多いのです。

不眠を治すには、それらの気がかりを考ええるのをいったんやめ、リラックスすることが先決ですから、「西洋オトギリソウ」の精神安定効果が役に立ちます。

また、更年期にさしかかると「寝つけない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」という女性が多くなります。

「西洋オトギリソウ」は、更年期特有の不安定な神経を鎮めて快適な眠りを助け、更年期の抑うつ状態を改善する効果もあります。

更年期にかぎらず、寝付きが悪くて困っていた人がストンと眠れるようになった、眠りが深くなった、などの報告もあります。

体に負担がかからないので、既存の睡眠薬には抵抗がある人でも安心して飲むことができるところも、大きなメリットでしょう。

そのほか、神経痛、外傷や打撲の痛み、ストレスに起因する肩こりや腰痛、月経不順の症状に幅広い効果が期待できます。

個人差はありますが、ハーブティーやサプリメントなどを飲み始めて2週間から1ヶ月ほどで効果を感じたという人が多いようですから、すぐに効果があらわれなくても1ヶ月は規則正しく飲んでみてください。

適量を飲めば副作用はほとんどなく、習慣性も依存性も認められていないので、安心して飲むことができます。
ただし、西洋オトギリソウにはいくつかの医薬品との相互作用が報告されていますので、ほかの薬を服用している人は、必ず前もって医師や薬剤師にご相談下さい。

購入の際は、製造方法や品質について確かな信頼のある製品を選ぶことをオススメします。

快眠したら、インティスクエアで素敵な目覚めを。

インティスクエアと目覚まし時計とオトギリソウで素敵な夢を。



快眠ハーブで眠りすぎ

○ハーブの体験談

私は先日35歳の誕生日を迎えたサラリーマンです。

若いころから快眠快便だけには自信があり、環境がどんなに変化してもすぐに眠れるという点では自信を持っていました。

ところが働き出して30歳を過ぎ、自分に部下が付くようになってから少しづつ変化が現れました。

私についた部下がまた使えない人間で、よくミスをします。

ミス自体は誰にでもあることですし、仕方がないのです。

ですがその部下はミスを隠そうとするのです。

そのため発覚が遅くなり、しりぬぐいを私がするはめになってしまいます。

そうした事態が何度も繰り返されるうちに、精神的にまいってしまいました。

そしていつの間にか夜なかなか寝付けないようになってしまったのです。

不眠がこんなにつらいとは想像していませんでした。

眠れないまま朝を迎えてしまうことが何度もあり、仕事中にうつらうつらと居眠りしてしまうようになりました。

このままでは部下にも示しがつきません。

そこで私は不眠に効果のあるサプリをネットで調べました。

結果、やすらぎ効果のあるハーブを含んだサプリをみつけ早速購入。

飲み続けてみたところ、ようやく改善の兆しが見え始めたところです。

ハーブにもいろいろありますが、西洋オトギリソウも有効。

西洋オトギリソウを一度お試しください。

インティスクエアと目覚まし時計とオトギリソウでグッスリ眠ろう!



インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者