8時間睡眠が正しいとは限らない


8時間睡眠が正しいとは限らない


8時間睡眠って、何時まで眠れる?

「8時間眠らないといけない」という説に、惑わされているかたがほとんどではありませんか。


このデータは、「8時間眠る人が多い」、あるいは「健康な生活をしている人は、8時間前後の睡眠をとっていることが多い」ということを示しているに過ぎないのです。


個人それぞれの睡眠の時間やリズム、パターンは、1人ひとりの顔が違うように、千差万別といえます。


正しい睡眠の8時間は、年齢や性別によっても全く違ってきます。


インティスクエアで正しい睡眠の8時間を。


生まれたばかりの赤ちゃんは、眠ったり起きたりと小刻みに睡眠をとながら、1日の多くを眠って過ごしています。

幼児期には、夜の睡眠とお昼ねの2回に睡眠が集約されていますが、学童期になるころは、お昼ねする子どもは少数派となっています。

思春期から青年期では、学業や仕事のため睡眠時間が削られていきます。

中高年になってくると、徐々に睡眠の質が悪くなることから、睡眠時間は長くなっていく傾向があります。

また、老年期になると、ますます睡眠の質が悪化するため、幼児期のように昼寝をとる人が増えてくるといえます。

男女でも睡眠のパターンは、大きく異なってきます。

思春期から更年期までの女性は、月経や妊娠、授乳時期には睡眠に大きな影響を与えています。

インティスクエアで正しい睡眠の8時間を。


女性ホルモンの中でも、卵胞ホルモンは眠気を抑える働きがあり、黄体ホルモンには眠気を強める働きがあるのです。

また、授乳中の女性も、赤ちゃんの空腹パターンに合わせて、小刻みな睡眠、お昼ねをとる生活を送ります。

8時間ぐっすり眠ったら、インティスクエアでスッキリ目覚めを。


インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者