体にフィットした枕を選ぶ



枕を整えてぐっすり眠りましょう
良い枕とインティスクエアで快眠を。

枕は、頭を支えるだけの道具ではありません。

敷き布団と頭から首の空間を埋めるために、枕があるのです。

時代劇で見る武士の枕のように、ちょこんと頭を乗せるだけの枕では、快適には程遠くなってしまいます。


理想的な寝姿は、リラックスして立っているときと同じような体のカーブが、自然に保たれた姿勢です。

背中から頭にかけても同様で、背中、首、頭のそれぞれが持つカーブに十分フィットして、それらをしっかり支えてくれる枕が、良い枕といえます。

寝ている間、きちんと枕で頭や首が支えられていないと、首の関節が変な位置で固定されてしまったり、肩から首の筋肉の緊張が強くなったりしてしまいます。

その結果、目覚めたときに、寝違えて首が痛くなったり、肩こりがひどくなったりするのです。


枕選びで最も大事なことは、頭の高さを体に合わせることです。

頭を乗せたときの枕の高さは、後頭部の高さで1.5〜4センチメートル、首の部分で2.5〜6センチといわれています。

しかしこれは一般論で、実際に寝てみてリラックスできる高さがベストな枕です。

マットレスや敷布団の硬さも影響しますから、店で枕を選ぶときには注意してください。


寝返りが多い人や横向きで眠るのが好きな人は、横向きになったときに首が左右に傾かず、真っ直ぐな状態を保っていられる枕か、チェックしましょう。

最近では横向きでも眠りやすいように、枕の真ん中と左右で高さが違うものもあります。

また、うつ伏せ寝専用の枕も販売されています。

自分好みの姿勢や寝返りの頻度を考えて、本当にフィットする枕を探してください。



横向きで寝る際にオススメなのがヨコネ(YOKONE)枕です。

私も実際に使ったら、超快適でした。こんな感じです。

YOKONE(ヨコネ)

詳細はコチラでご確認ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」






枕は形だけでなく、素材にもこだわりましょう。

快適な朝の目覚めが訪れます。

硬めの枕が好みなら、そば殻やビーズ、パイプ、ウレタンなどが、柔らかいものが良いのなら、羽毛やポリエステル綿、パンヤなどが良いでしょう。

枕の素材選びは、感触や音、香りなどの感性が基準となりますが、素材の特徴を知っておく必要があります。

そば殻などの天然素材は良いものですが、ダニが付きやすいため、手入れが重要です。

低反発素材の枕は、フィット性が高く人気ですが、密着しすぎると通気性が悪くなるため、枕カバーに工夫が必要です。


とても気に入った枕でも、ずっとそのままで使い続けるわけにはいきません。

1つは、あなたの体が変化するからです。

年齢とともに背中が丸くなったり、首のカーブが変化したりします。

また、体重が増減すると、筋肉や皮下脂肪の厚さが変わります。

そのため体にフィットしなくても、寝違いや肩こりの原因となります。


もう1つは、枕の素材にも寿命があるからです。

毎日8時間ほど頭や首を支えているので、月日が経つうちに素材がへたってきたり、枕が変形してしまったりします。

また、枕の手入れが不十分だと、カビが生えたりダニが増えたりもします。

素材の種類や手入れの仕方にもよりますが、使い始めて5年以内には中身を替えたほうがよいでしょう。

枕とインティスクエアで快適な朝の目覚めを!



青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P91〜93 より引用





○枕を改善して睡眠も改善した例

体を休めるという事。

私はここ数年、夜中に目覚めてしまう事が多く、悩んでいます。

早く寝ると夜中に起きてしまうのは余り心配もしないんですが、仕事で夜遅く帰っても2時間、1時間ぐらいで目覚めてしまったりしていつも寝不足を抱えています。

睡眠を取る事で体を休めるという事と思っているのですが、なので余り体の疲れも抜けず、休まらないという感じです。

今の仕事が朝も早いので夜遅くても朝早く目覚めてしまう事は寝坊する事もないのでその点は助かっているってのもありますが笑 

寝れないという事で色々と試してもみました。

強めのお酒を飲んだり、熱いお風呂に入ったり、結果余り効果もなく、また長続きもせず。

しかしやってみて効果が少し出ていたのは枕の高さ、寝る体制でした。

枕も硬すぎるといけないし、柔すぎてもいけない。

じっくり選んで購入しました。また体の姿勢もしっかりと横になる事が必要かと思います。変な姿勢や硬すぎる枕を使うと翌朝起きれなくなるぐらい寝起きに疲れてしまいます。

これを心がけるようになって私は以前より少しずつでありますが、改善できているかと思います。




インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者