静かな環境でグッスリ眠る


静かな環境の部屋でグッスリ眠る

インティスクエアと静かな部屋でスッキリ目覚め!



寝室での音のレベルが40デシベルを超えると、眠りに悪い影響を与えます。

これは、図書館並みの静けさですから、寝室の音環境にも注意を払う必要があります。

静香な環境で快適な朝を迎える


私たちの周りの音は、どのくらいの大きさなのでしょうか?家の外からの音です。

・子どもの駆け足:50〜65デシベル

・車のアイドリング:65〜75デシベル

・ドアや窓の開閉音:70〜80デシベル

・人の話し声:90〜100デシベル

・犬の鳴き声:90〜100デシベル


このまま聞こえてきたのでは、かなりうるさいですね。

静かな部屋には程遠いです。

幸い、最近の住宅は遮音効果が優れているので、外からの騒音の悩みは少なくなってきました。

さらに静かにしたいときには、窓を二重サッシにしたり、厚めのカーテンを掛けたりしましょう。

耳栓も役に立ちますが、目覚まし時計が聞こえる程度のものが良いでしょう。

静かな部屋と耳栓で快適に睡眠を。


また、隣人や上下階がうるさく感じるなら、思い切ってその人と仲良くなると、同じ大きさの音でも騒音と思わなくなります。

やはり、親しく近所付き合いすることが、大事ですね。

では、次に、家の中の生活騒音です。

・エアコン:40〜60デシベル

・温風ヒーター:45〜55デシベル

・人の話し声(日常):50〜60デシベル

・テレビ:55〜70デシベル

・風呂または給排水音:55〜75デシベル

・洗濯機:65〜70デシベル


これまた静かな部屋の大敵です。

住宅の遮音性能が高くなって外からの騒音が減ったぶん、日常生活から出る音が気になることが多くなりました。

電化製品を選ぶときになるべく静かなものを買ったり、家事の時間帯をやりくりしたりして、静かな睡眠時間を確保しましょう。


それでも音が気になって寝付けないときには、好きな音楽を流してみてください。

マスキング効果といって、大きな音で小さな音を隠してしまうのです。

静かなクラシックや、リラックス効果がある曲を集めたCDを、試してみるのもよいでしょう。



○静かな部屋や耳栓でで不眠症を改善した一例

不眠症になった原因とその対策とは。耳栓で静かに!

私は周囲の音に敏感な性格を持っています。

その影響で不眠症になることが多くて困っていました。

実際に不眠症になった原因はペットの鳴き声です。

家では犬を飼っているので吠えると眠れなくなりました。

不眠症が続いた時は体調不良が多くて大変でした。

家族に相談してもあまり良い結果は得られなかったです。

また犬は夜でも吠えてうるさいので不眠症が治るきっかけもありませんでした。

結局は耳栓を買ってきてそれで寝るようにしました。

しかしこういった道具を使うと目が覚めることが多かったです。

やはり人間は静かな環境で眠ることが重要だと感じました。

その後は家族が頻繁に犬を見るようになったので、夜の鳴き声が少なくなりました。

私は静かな時は深く眠れたので良かったです。また静かな環境で生活を続けると不眠症も治りました。

私の体験では不眠症を治すために騒音対策は必要だと思います。例えば防音処理がしてある家で生活することも重要です。

しかしそれにはお金が必要なので耳栓を使うことが基本です。

耳栓にもデメリットはあるので臨機応変に使うべきです。

実際にこういった道具は暑い日は邪魔になることが多かったです。

静かな部屋と耳栓で快眠を。


そこにインティスクエアが加われば快適な眠り&目覚めが期待できます!


青春新書
病気にならない睡眠コーチング
坪田 聡 著
P86〜88 より引用


静かな部屋でぐっすり眠りましょう!

インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者