眠るための温度と湿度、パジャマも重要


眠るための最適な温度と湿度は?


快適な睡眠には部屋の温度や湿度も大事

一般的に理想的な寝室の環境は、室温が18〜22℃、湿度は50〜60%といわれています。

これは、ナイトウエアなどの寝巻きの上にもう1枚はおると、ちょうど良いくらいの温度なのです。

また、外気温との差が大きいことで、体にかかる負担は大きくなってしまいます。

省エネの観点からも、室温は夏が25〜28℃、冬は15〜18℃、湿度は年間を通じて50〜70%に保ちたいものですね。


暖かい部屋から寒い部屋に入ることで、交感神経が刺激されて眠気が覚めてしまうのです。

また、朝目覚めたときには、部屋が寒いと布団から出たくなくなりますよね。

一方、眠っている間にも不必要に冷暖房を効かせることは、資源の無駄遣いなのです。

このようなことを防ぐためにも、エアコンなどのタイマーを使うことで、布団に入るときと出るときに室温が最適となるように調節しましょう。

最適な温度と湿度でぐっすり眠りましょう!


とはいえ、寝室の環境よりももっと大切なのが、寝床の中の温度や湿度なのです。

理想とされる寝床内気候とは、温度が33±1℃、湿度が50±5%です。

これを実現するためにはまず、季節に合わせた寝具の使い方が大切になってきます。


梅雨から夏の蒸し暑い季節には、扇風機をうまく使うことが大切です。

とはいっても、扇風機のかぜを直接体に当ててしまうと、その部分だけが冷えてしまい、体調不良の原因になってしまいます。

体の上空の空気をかき混ぜることで、体の周りの空気の流れを作るよう、扇風機の強さと角度を調節しましょう。

首はもちろん振らせるほうが効果的です。


また、寒い冬では、暖房器具で寝室全体を暖めても、布団の中まではなかなか温まりません。

電気毛布を使っているようなら、早めにスイッチを入れておきましょうね。


ただし、一晩中つけっぱなしになてしまうと、体温の調整機能が落ちてしまい、しまいには電気毛布なしでは眠れなくなってしまいます。


そこで、オススメなのが、昔ながらの「湯たんぽ」です。

湯たんぽは、寝付くときには暖かくても、朝には涼しめにという、体温リズムに合っているので、「グッスリ眠ってスッキリ起きる」サポートを期待できます。

睡眠時の温度と湿度を整えると快眠ができます。


湯たんぽの使い方ですが、足先に置いて眠ると、抹消の冷えた血液を温めるだけで、それほど効果が得られません。

なるべく太い血管がある太ももやお尻、お腹、二の腕などと、リンパ管が集中している首や足の付け根などを温めましょう。

そうすることで、内臓の血液やリンパ液の循環量が増えて体の中心の温度が上がり、その温かい血液が手足に運ばれて手足の冷えを改善してくれるのです。

快適な温度と湿度は健康にも有効です。


冷え性の治療に湯たんぽを使っている医療機関では、体が温まることで、睡眠障害や痛み、胃腸障害、下痢・便秘、食欲不振、疲労倦怠感など生活面も改善すると報告しています。

昔の人は、湯たんぽにこんな効果があることも、よく知っていたなんて素晴らしいですね。


また、湯たんぽの代わりに、お湯を入れた小さめのペットボトルを使えば、手軽に快眠の効果が得られます。

布団の中にいくつも入れておけるので、おちこち温めることができてとても効果的です。

朝になって中の湯を再利用する場合にも、さほど抵抗感がなくなりますよね。


湯たんぽを使うときの最大の注意点は、やはり「低温やけど」です。

このやけどは見た目よりも重症のことが多く、治るまでに長い時間がかかります。

低温やけどを予防するためにも、湯たんぽは、袋状のものに入れて口をしっかりと縛り、肌に直接触れないよう気をつけて使います。


ところで、私は学生の頃、冷え切った寝床のなかで、布団乾燥機を抱いて寝ていたことがよくありました。

急速に温かくなるのが幸せでしたが、あまりの音の大きさに閉口したものです。

もし使うようなら、家族やご近所に迷惑にならないように気をつけましょう。

また、布団の素材の種類によってですが、使用できないこともありますので、確認が必要ですね。

温度湿度を整えたら、インティスクエアでスッキリ目覚めを。




次はパジャマで温度湿度を最適化して不眠の抑制をした例です。

不眠対策としてパジャマ買いに行きました。

私は仕事でストレスが溜まると全く眠れなくなります。

特に電話対応の仕事してたときが酷かったです。

布団に入ると目がギンギンに冴えてくるんですよね。

ホットミルク飲めばいいとか聞きますけど、私はあまり効きませんでした。

快眠を目指そうと思って、まずパジャマを買いにいきました。

それまでは、フード付きパーカーと下はシャカシャカを着たりしてました。

今考えると寝心地が悪いわけですよね。

きちんとしたパジャマを買うのは子供のとき以来でした。

パジャマで寝るようにしてから肌触りがよくて、良く眠れるようになりました。

汗の吸収とかツルンとした感じを経験すると、なんで今までちゃんと着なかったんだろうと思いました。

それから夏用パジャマ、冬用パジャマ、シルクのパジャマなど集めています。

Tシャツと短パンとか、ジャージで寝てる人は、絶対きちんとパジャマを着たほうがいいですよ。

あとまだ買ってないですけど気になっているのは、枕専門店の枕です。次のボーナスでたら欲しいな〜。

仕事のストレスは多少仕方ないですけど、質の良いパジャマで寝るとか枕を替えてみるなどで、温度湿度、体温調整も上手くいきます。

てっとり早く温度湿度調整できるから、ぜひ不眠で悩んでる人はお試しくださいね。



睡眠と温度と湿度の関係を忘れずに。

インティスクエアで安眠【光の目覚まし時計】口コミ・効果・購入方法! トップページ


FX業者